So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

デートより仕事が優先でもストレスにしない [ストレスを軽減する]



こんにちは。


先述させて頂きました、
10個のヒントに添って
実例をお伝えさせて頂きます。


Aさんは恋人と
デートの約束をしていました。


ところが、直前になり
彼から電話が掛かります。


「仕事が忙しくて
今日は無理みたい。ごめん。」


「仕事が忙しいのはあなただけじゃない。
私だって仕事を残してきたんだ。


仕事を優先させるなんて、
私の事なんてどうでもいいんだ!」


考えれば考えるほど、
彼女は彼の事が理解できません。


愉快ではないのは理解できます。


が、彼女の場合、そのうえ
「仕事を優先させた」事と
「私の事なんてどうでもいい」


2つの独立した出来事を勝手に繋げて、
自分で自分の気持ちを追い込んでしまったのです。
(ヒント7と9)


一方彼の方は
「みんなが残って仕事をしているから、
自分も一緒に残らなければいけない。


もしここで帰ったら、
昇給も昇進もないかもしれない」
というわけです。


本当は帰った人もいるはずなのに
「みんな」と言ってしまう事で
自分が帰れる可能性を奪ってしまいました。
(ヒント3)


さらには、
「~なければならない」と
被害者になってしまいました。
(ヒント6)


おそらく、頭に浮かぶ映像も
自分だけが帰って不真面目だと中傷されている姿。
(真っ暗なストレス映像)


そのような中で、
彼女の気持ちを汲む余裕は
期待できません。


彼女は怒りを抱えたまま、
デパートに入りました。


最初はうつむいて何も目に入らなかったのですが、
歩いているうちに(ストレス軽減姿勢)
素敵なバッグを見つけました。


前から欲しかった色で、
バーゲンで値段も安くなっています。


彼女の意識は内面のひとり会話から、
外のものに移動していきます。


目線も外に向かい(ストレス軽減姿勢)、
そのバッグを持っておしゃれを楽しんでいる
自分の姿を想像しはじめました。(ストレス軽減映像)


姿勢とビジュアルが「ストレス軽減」になると、
ひとり会話の言葉が優しくなります。


「今日は自分に優しくしよう」


ショッピングが多くの女性にとって
ストレス解消法なのは、
このような理由からです。


そして、自分の気持ちが優しくなってくると、
遅くまで仕事をしている彼が、
少し可哀想になりました。


彼女は、新しい素敵なバッグを
彼に見せている映像を作り、その映像を明るく、
笑い声が聞こえる楽しいものにしたのです。
(ストレス軽減映像)


残業で疲れただけでなく、
彼女を怒らせてしまった事で、
意気消沈した彼が深夜に電話をしました。


その時彼女が、
どれほど素敵な対応が出来たかは、
想像できます。


それにより彼が、
彼女の事をさらに大好きになった事も
十分に想像できます。


私達は「外の状況」は変えられなくても、
自分の「感情」を変える事は出来るのです。


そして自分の何気ない
「言葉」の犠牲になる事も
避ける事が出来るのです。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。