So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

すれ違いを理解する [ストレスを軽減する]



こんにちは。


人はそれぞれ、自分が良く使う
五感チャンネルというものがあります。


例えば、知らない土地に行っても、
その情景を記憶する方法は、
人によりさまざまです。


・その場所の様子をまるで、
 写真を撮ったかのように覚えている人。
 (視覚派)


・その場所でかかっていた音楽や
 話した相手の声をよく覚えている人。
 (聴覚派)


・その場所の雰囲気、温度など、
 感じるもの、ニオイなどを覚えている人。
 (感覚派)


などです。


私の知人の女性は「ボーイフレンドは、
私が髪型を変えても全く気が付かない、
私に関心がないみたい」と怒っていました。


彼に問いただすと「君に関心がなかったら、
毎晩電話なんかしない」と答えたそうです。


2人の場合、単純に、この女性は「視覚派」、
この男性は「聴覚派」だといえそうです。


彼女にとって髪型は、
自分を表現する上で
大切なものです。


ですが、この男性は、彼女ほど
「視覚」の刺激に敏感ではありませんでした。


だからこそ、髪型の変化に
気が付かなかったのです。


残念ながら、ここで彼女は
「もともと独立した2つの事柄」を、
ゆがめて繋ぐという事をしてしまいました。


「髪型に気が付かなかった事」と、
「彼女に関心がなくなった事」は
別の次元の事なのです。


それなのに彼女は、
勝手に繋いでしまったのです。


もしも「五感チャンネル」について、彼女が
知っていれば「彼は視覚派ではないのだから
仕方ないか」と腹を立てずに済んだかもしれません。


なのにどうやら、
自分で厄介なストレスを
生み出してしまったようです。


「私にはもう関心がない」という
「ストレス言葉」を何十回も
自分の中で繰り返しました。


そのあと、彼女は彼と付き合ってから
起こった、全ての小さな行き違いに
同じ意味を与えていきました。


「ほら、あの時も」
「ほら、あれもそういう事だった」と。


おかげで、楽しかったはずの思い出も、みんな
白黒の味気のないもの(ストレス映像)になり、
姿勢は前かがみ(ストレス姿勢)。


今では自分が髪型を変えた事を
後悔するほど、不幸な存在に
なってしまったのです。


私が彼女に出会い「五感チャンネル」の
話をした時、彼女はしばらくものが
言えないほど、ショックを受けていました。


それから「ストレス軽減術」を習慣付けて、
彼女に元気が戻りました。


彼との仲が元に戻ったのは
言うまでもありません。


もちろん、彼女だけの
勘違いではありませんでした。


彼も勘違いをしていたのです。


毎日電話をする事が、彼女に対しての
誠意だと思っていたのは、
彼が「聴覚派」だからです。


それが「視覚派」の彼女には
通じないという事を知らなかったのです。


私たちが、外の世界と接するのは、
「五感」を通してのみです。


どの五感をよく使うのかで、
私たちが認識する「周りの世界」が
変わってきます。


私たちが認識する「周りの世界」は、
あなたの認識する「周りの世界」とは、
かなり違うのです。


これを知っているだけで、
人間関係のストレスを大幅に
減らす事が出来るでしょう。


また、
・体感=身体
・視覚=ビジュアル
・聴覚=言葉


「周りの世界」を認識して感情を生み出す
「3大感覚」をコントロール出来るのも
ストレス軽減術です。


これは、人間科学、人間の構造そのものに、
最もシンプルな形で働きかけるテクニックなのです。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。