So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事、人間関係のミスを激減させる [イライラを断ち切る]



こんにちは。


すぐにイライラする人は、必ず孤独になります。


イライラを溜め込んでいくうちに、会社や家族、
友人など全ての人間関係がうまくいかなくなりますので、
それは当然の事です。


ですので、イライラした時には「今、自分は、
一人ぼっちの寂しい人生を歩きだしているんだ」と
思うようにするのも良いかと思います。


人間の脳はイライラを解消できず、
溜め込むようにできています。


例えば、会社で上司に対して
イライラした時の事を考えてみます。


この時、イライラのレベルが小さかったり、
イライラがそれほど溜まっていない状態であれば、
脳は正常な働きをします。


上司に対して、一瞬イラつきはしますが
「まあ落ち着いて考えよう」といった具合に、脳が
イライラを抑制してブレーキをかけるのです。


一度ブレーキのかかったイライラは、時間の
経過とともに忘れられ、後には残りません。


ところが、そのイライラのレベルが大きかったり、
すでに脳にイライラがかなり溜まっている状態ですと、
話は変わってきます。


脳が正常に働かず、
イライラを正しく処理できないのです。


イライラを抑制してブレーキをかける事ができずに、
結果としてイライラが「感覚的な記憶」のようになり
残ります。


何に怒ったのかもきちんと覚えていなくても、
脳の奥の部分でイライラの感覚だけが残るのです。


これが何度か繰り返されますと、
後は悪循環のコースをたどるのみです。


イライラの原因となった上司の意見には
耳を貸さなくなりますし、正しい意見も間違って
聞こえるようにもなります。


詳しく後述致しますが、イライラは人間のものの見方や
判断力までも変えてしまうのです。


その為に、上司が何か言う度にイライラが
余計にひどくなってしまいます。


もしかすると、その上司と親しく話している同僚に
対してまでも「自分の敵」と勝手に解釈して、
その言動に対して、イライラが積もっていきます。


さらに悪い事に、イライラというものは、
感覚的に伝わりやすい深い感情です。


そのイライラは相手にも伝わり、
相手にまでイライラを誘発してしまいます。


その為に、人間関係は余計に
険悪なものになっていきます。


これでは仕事がうまくいくはずもありません。


結果的にイライラは、会社での判断ミスなどの


失敗を招き、人間関係をダメにする原因になります。


さらには能率も落ちますので、
毎日の仕事も滞っていきます。


つまり「イライラする人」ほど、仕事ができないのです。


このイライラの仕組みは、相手が家族や友人のような
親しい関係であっても同じ事です。


むしろ親密な関係にあるほど、こじれた時の
ダメージは大きいものですので、
人生に悪影響を及ぼす事になります。


ちょっとしたイライラがきっかけで、夫婦関係が
どんどん悪くなるなどという事も珍しくありません。


このようにイライラの習慣は、いずれ爆発する爆弾を
抱えているようなものですし、日常的にも自分の能力を
そいだりするものなのです。


人間関係が破たんしない快適な生活を送る為には、
これまで溜まったイライラを取り除く必要があります。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


※haruさんが通ったかも野火止用水路

次の信号が小金井街道交差点
0033.jpg

新座市方面
0011.jpg


スポンサードリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。