So-net無料ブログ作成

ストレスを感じないように条件付ける [ストレスを軽減する]



こんにちは。


イワン・パブロフは
「パブロフの犬」の実験で
有名な生理学者です。


パブロフは、
次のような実験を
行いました。


・犬に「ベルの音」を聴かせる


・その後、エサを与える
(犬はエサを食べながら唾液を出す)


・「ベルの音」→「エサを与える」を繰り返す


・やがて犬は、
「ベルを聴いただけで唾液を出す」ようになる


実験を繰り返すうちに、この犬は
「ベルを聴く」=「唾液を出す」(エサをもらえる)と
「条件付け」されたのです。


条件付けは、
何も特別な事ではありません。


私たちは日常生活において、
無意識のうちにさまざまな
条件付けをしています。


信号が青になれば渡る、赤なら止まるのも
条件付け(ルール)されているからなのです。


個人では、朝ドラを観終わったら
仕事場へ出かけるなども
条件付けになりますね。


私は大学時代に
学習塾のアルバイトをしていました。


一人の中学3年の男子が
印象に残っています。


その男子は、どんなに学校で嫌な事があっても、
勉強する気が起きなくても、阪神タイガースの応援歌
六甲おろしを聴いて(歌って)いました。


すると、すっかり元気を取り戻し、
イキイキと勉強を始めるのです。


この男子のプログラムは、
「六甲おろしを聴く」=「元気になる」と、
プラスに条件付けされていたのでしょう。


ところが、2席開いた男子は巨人ファン。


六甲おろしに「うるさい!」と
怒鳴りました。


この男子にとって六甲おろしは、
マイナスの条件付けになっていました。


この二人も、ある条件を与えられた事で、
その条件にともなった感情(行動)が自動的に
表われるようになったと考える事が出来ます。


ということは、六甲おろしの中学生のように
自分に有利に働くように条件付けをして、ポジティブな
感情を引き出せるようにすれば良いわけです。


「身体のコントロール」
「ビジュアルのコントロール」
「言葉のコントロール」


この3つの手法を条件付けに応用すれば、
必要な時に必要な感情を呼び出す事が
出来るようになります。


後述では、条件付け3ステップを
お伝えさせて頂きます。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク