So-net無料ブログ作成

画質の特徴を入れ換えましょう [ストレスを軽減する]



こんにちは。


あなたのストレス映像とストレス軽減映像の
画質の特徴が分かりましたら、第3段階では
画質調整を行い、映像の特徴を入れ換えます。


ストレス映像をストレス軽減映像に入れ換える時。


映像そのものを入れ換えるのではなく、
同じ映像のまま画質を調整します。


いわゆる特徴だけを移し換えるのです。


パソコンの写真編集ソフトを使い、
画像の明るさや色味を補整したり、
テレビの画質を調整したりする感覚です。


●第3段階
ストレス映像の特徴を
ストレス軽減映像の特徴に近付ける


ストレス映像とストレス軽減映像の
画質の特徴を比べながら、


・小さい映像を大きくしてみる


・暗い映像を明るくしてみる


・遠くにある映像を近くに移してみる


・白黒の映像をカラーにしてみる


・静止画を動画にしてみる


といった画質調整を行い、
ストレス軽減映像の画質の映像に
近付けていきます。


身体の動きと同様に、
特徴を2つ入れ換えるだけでも
効果があります。


例えば、


・嫌いな人を思い浮かべた時の
 映像の特徴が暗くて静止


していて、反対に


・好きな人を思い浮かべた時の映像が
 明るくて動いている


のだとすれば、嫌いな人の映像に
明るさを足し、動きを加えてあげるように
画質調整をしてあげれば良いのです。


ビジュアルの入れ換えは、姿勢や言葉の入れ換えより
難しいと感じる人も多いようですが、
繰り返していくうちに慣れていきます。


いきなりやるのが難しい人や
感情が付いていけない人は
数段階に分けてください。


アップの映像を引きの映像に帰る時は、
まず中間くらいの構図にします。


暗い映像を明るくする時は、
一度中間くらいの明るさにするといった感じです。


また、無理に入れ換えようとして、
ストレスがよりリアルになるという人もいます。


こればかりは個人のプログラムによりますので、
基本形にこだわらずに、色々試してみてください。


一番ストレスを感じない画像の特徴を
自分で探してみるしかありません。


先述させて頂きました、夫と浮気相手の女性の映像を
思い浮かべた時、場面は暗くて、色は白黒で、
動きがなく、絵のように2次元。


そして相手の女性の顔や口元だけが
どぎつい赤色をしていると言っていました。


そこで彼女の映像を、場面を明るくして、
全体をやわらかい色にします。


ただし、女性の口元の赤は
逆に色を取ります。


コントラストをなくし、映像に風船を付けて
吹けば飛ぶような軽い感じに画質調整したところ、
彼女の悲しみはかなりラクになりました。


また私は歯医者が苦手で、
診察室を思い浮かべるだけで
ストレスを感じていました。


診察室は広いのに、思い浮かぶのは
診察台だけがクローズアップされた映像でした。


つまり、私には嫌いなものを、
拡大して映像化する特徴があったのです。


そこで映像のズームを緩めてみました。


壁のヨットのポスターや、窓の風景など、
部屋全体を眺めるように編集し直したところ、
歯医者さんに行くストレスが半減したのです。


それでも半減にしか出来ません。


嫌いなものは嫌いです。


またストレスを感じた時のシーンや
リラックスしている時のシーンを
思い浮かべた時。


その映像に関連した、
会話や音が聴こえてくる場合があります。


会話や音が聴こえてくる場合は、
ボリュームの大きさや音が聴こえてくる方向、
速さなどを調整します。


それは後述で詳しく行います。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(210)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

リラックスしている時のあなたの映像をチェックする [ストレスを軽減する]



こんにちは。


ストレスを感じた時の画質の特徴が
明らかになったら、今度はあなたの
ストレス軽減映像の特徴をチェックします。


身体をほぐして
リラックスしているシーンを
思い浮かべてください。


●第2段階
リラックスしているシーンの画質


海辺を散歩している時、ハイキングに出かけた時、
好きな人と食事をしている時、趣味に興じている時など。


あなたが喜んだり、
楽しんだりしている時の状況を
思い返してみましょう。


大好きな人を思い浮かべても構いません。


映像が浮かんで来たら、
その時の画質の特徴を
書き出してみます。


チェックする項目は
第1段階と同じです。


ストレス軽減映像の
画質の特徴にも
個人差はあります。


基本的には、


・全体的に明るい感じがする。


・そのシーンが近くに見える。


・カラーで再現されている。


・映像が大きい。


・画質が鮮明で、はっきりしている。


・動いている、映画のように立体的に見える。


・軽かったり、暖かかったりする。


・楽しい音が聴こえてくる。


といった特徴があらわれると思います。


記憶の中に蘇るシーンが
たまたま夜であったり、
被写体自体が暗い色である時。


その時は、被写体そのものの色ではなく、
画質の色味やトーンを考慮に入れてください。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(180)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ストレスを感じる時のあなたの映像をチェック [ストレスを軽減する]



こんにちは。


それでは早速ですが、先述させて頂いた時と同じように、
あなたがストレスを感じたシーンを思い出してください。


苦手な人、一緒にいると
ストレスを感じる人でも構いません。


●第1段階
ストレス感じるシーンの画質


チェックする項目


・自分の姿
 映像の中に自分の姿が見えていますか?


・明るさ
 その映像は明るいですか?暗いですか?


・大きさ
 その映像は大きいですか?小さいですか?


・色
 カラーですか?白黒ですか?


・鮮明度
 はっきりしていますか?ぼんやりしていますか?


・場所
 その映像は近くにありますか?遠くにありますか?
 上の方にありますか?下ですか?左ですか?


・平面/立体
 立法的(3次元)ですか?絵や写真(2次元)ですか?


・静止/動画
 動いていますか?止まっていますか?


・枠
 枠はありますか?ありませんか?


・音
 音は聴こえてきますか?聴こえてきませんか?


・温度
 暖かい感じがしますか?冷たい感じがしますか?


ストレス映像の特徴は、人それぞれに
なりますが、ストレスを感じたシーンを
3パターンくらいチェックします。


共通点を探すと、
あなたのストレス映像の特徴が
はっきりしてくるかと思います。


繰り返しますが、
ストレス映像は
人により違います。


それでも、
多くの人にあらわれる特徴があります。


・全体的に暗い感じがする


・そのシーンが遠くに見える


・白黒やセピア調の色をしている


・映像の一部が欠けている


・画質が鮮明ではなく、
 ぼんやりしていたり、
 かすんで見えたりする


・静止していたり、ペラペラした平面の絵にみえる


その特徴を
書き出しておいてください。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(114)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。