So-net無料ブログ作成
検索選択

映像には画質の特徴がある [ストレスを軽減する]



こんにちは。


先述させて頂きました
舞台女優には、
後日談があります。


「床に座り下から食べ物を見上げる」ように
心掛けた事で、冷蔵庫を開ける回数は
減っていきました。


しかし、それだけでは
過食を完全になくす事は
出来ませんでした。


彼女は時々、
たまらなく大食いをしたくなる衝動に
駆られていたのです。


特に大好物を思い出すと、
食べたくて仕方なかったと言います。


そこで私は、床に座り下から食べ物を見上げる習慣に加え、
大好物の映像を出来るだけリアルに描いて頂き、そこから
「色を取り除いて頂くよう」にお伝えさせて頂きました。


・カラーで思い描く=対象物に興味が湧いてくる
→食べたい


・白黒で思い描く=対象物への興味が薄れてくる
→食べたくない


という感情とリンクしていた映像を、
カラーから白黒に入れ換えたところ、
大好物は魅力的ではなくなったのです。


そして、それを何度も繰り返しているうちに、
その食べ物は、大好物ではなくなりました。


条件付けをした3カ月後には、
なんと女優時代の体重に戻ったのです。


なぜ食品に着色料が使われるのかは、
これで想像が付くかと思います。


学校の先生をしている
ある50代の女性がいます。


彼女は3年前、夫が他の女性と
逃げてしまった事が原因で、
それ以降、精神的に不安定になりました。


2年前、精神分析やさまざまなカウンセリングを
受けたのですが、回復するどころか、
心の傷はひどくなるばかりでした。


私が彼女に出会った時には、何を話していても、
全て夫の浮気と関連付けて話をするようになり、
涙をボロボロ流すという状態でした。


3年前の様子を思い出す彼女の目は、
とても「おぼろげ」に見えます。


彼女の頭の中に浮かんだ映像の特徴を
詳しく聞かせて頂きました。


場面は暗くて、色は白黒で、
ほとんど動きはなく、
絵のように2次元。


そして相手の女性の
顔や口元だけが
どぎつい赤色をしている。


と言うのです。


人間は、ある出来事を経験した際、
その出来事が「楽しかった」「悲しかった」と
あとで認識できるようになっています。


実物とは、
画質や音を変えて、
脳に保存します。


楽しい出来事を
思い出す時には、
幸せな感情。


一方でつらい出来事を
思い出す時には、
つらい感情が蘇ります。


この特定の感情を引き出す
脳のプログラムによるものです。


やはり人間も
「生命体」です。


・悲しい出来事は
 より強く悲しめるように
 脳に保存


・楽しい出来事は
 より強く楽しめるように
 脳に保存


そうする事で、悲しい出来事を
より強烈に脳に刻み付けて、
その出来事に近付かないようにさせています。


それで生命の安全を
確保させようという
仕組みになっているのです。


彼女の場合も、夫の浮気という出来事を
実際とは異なる画質でインプットしました。


その色彩の暗さとコントラストが、彼女の中に
より激しいえぐるような痛みと、抜け切れない重さを、
引き起こしたと考えられます。


では実験です。


あなたの大好きな人や、
微笑んでいる赤ちゃんを
思い浮かべてみてください。


映像は明るくて、
カラーでキラキラしているかと思います。


では今度は、苦手な人、
喧嘩している人を
思い浮かべてください。


最初の映像と比べて、
明るさや輝きが
変わりませんでしたか?


頭の中に描く映像の明るさや色などの、
「画質の特徴」は感情とリンクしているのです。


過去に起こった出来事を思い出した途端に、
その時の感情が蘇ってくるのはその為です。


残念ながら、
起きてしまったつらい出来事を
変える事は出来ません。


しかし、保存させた画質の特徴を
変える事により、それに付随している感情は
変える事が出来るのです。


うまく処理できない人間関係を改善し、過去の
ネガティブな経験からくる破壊的な感情を解消させ、
ストレスを軽減させていきましょう。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(97)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ストレス軽減姿勢の基本形を体感する [ストレスを軽減する]



こんにちは。


基本的にはリラックスしている時の
姿勢と身体の使い方があなたの
ストレス軽減姿勢になります。


ストレスを感じる状況に見舞われても、
自分のストレス軽減姿勢の特徴を知る。


姿勢や身体の使い方、目線を
リラックスしている時の状態に入れ換えてあげれば、
感情を変化させる事が出来ます。


物事の受け取り方やストレスの感じ方に
個人差があるように、ストレス姿勢や
ストレス軽減姿勢の特徴も人により異なります。


どのような動きの時に、どのような感情を
持つのかは、その人自身が作った
プログラムで決まるからです。


とはいえ、先述させて頂きましたように、
ストレス姿勢とストレス軽減姿勢には、
多くの人に共通してあらわれる一般的な特徴があります。


そこで、身体と感情が
リンクしている事を
実感して頂きます。


その為にリラックスしている時に、多くの人が示す
特徴を取り入れた、ストレス軽減姿勢の基本形を
ここで紹介させて頂きます。


●ストレス軽減姿勢の基本形


・肩の力を抜く


・肩を開く


・顔と目線を上向きにする


・ゆっくりと深呼吸をする


・微笑んで、顔の筋肉を緩める


出来れば、今いる所から場所を変えたり、
違う椅子に座ると、さらに実感できるかと思います。


日本のビジネスパーソンの
ほぼ100%が
ストレスを感じています。


その一方で、イタリアでは
30%という統計があります。
(それですら社会問題と騒がれています)


その差は一体どこから
出てくるのだろうと、
実は何年か前から観察していました。


色々な要素がありますが、
例えば身体です。


ある時、ミラノの
ファッション関係者と
話をした事があります。


彼いわく「日本人(特に女性)は歩く時に
膝が伸びていない」のだそうです。


膝が伸びないと、
背筋も伸びませんから、
これはストレス姿勢です。


膝を伸ばす→背筋が伸びる→肩が開く
→顎が上がる→目線も上がる。


ちょっとした癖を直すだけで、
ストレスは減ると確信しています。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(46)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

目線は相手に与える「印象」をも変える [ストレスを軽減する]



こんにちは。


目線や目の動きは、自分のストレスを
コントロールするだけでなく、
相手に与える印象をも変える事が出来ます。


目線が下がらない状態は、見ている人に
自信・確信・積極性、または前向きさや
好感をアピール出来るのです。


これはまた、
さわやかに「NO」と言う時の、
基本目線でもあります。


「NO」と言う事が苦手は方は、
胸を張って、目線を絶対に下げないで
「NO」と言います。


これを絶対に
マスターしてください。


それだけでも、毎日がずっと
快適になり、人間関係で悩む事も、
圧倒的に少なくなります。


ある友人は自己主張する事が怖くて、
いつも人の言いなりになっていました。


周りの人も彼女が何も反論しない事を
知っていたので、彼女にはつい
無理な事を頼むようになっていました。


それがたとえ不当な要求でも「NO」と言う事を
考えただけで、心臓が飛び出るほど恐れていた彼女は、
次第に大変なストレスと自己嫌悪に陥っていったのです。


「背筋を伸ばして、目線を下げない」の
練習を重ねた彼女は、3週間すると変わりました。


今ではにっこり、さわやかに
「NO」と言えれば、
自分の意見も主張します。


目線が上を向いているので、
相手にはそれが「さわやかな自信」に映り、
周りの彼女を見る目も変わりはじめました。


そして2カ月後には、不当な要求をする人が
なくなっただけではなく、しっかり自分を持った
魅力的な人と彼女のファンが増えたのです。


先述のオバマ大統領の演説でも、
聴衆は目線が下がらないオバマ大統領の
演説を聞き(見)ました。


「オバマ大統領は、正しい事を言っている」
「発言内容を、自分で理解した上で演説している」
と感じ取った事でしょう。


一方で、ブッシュ元大統領の
(特に最後の)演説を見てみると、
目線が下を向いていました。


その為に、おそらく聴衆は、
そんな彼に心もとない印象を
覚えたに違いありません。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

部下に良い指示を与える [ストレスを軽減する]



こんにちは。


目標は人との関係をつくる際にも、
大きな影響を与えます。


例えば、上司が部下に
指示を与える場合。


身体の使い方として、部下を下から
見上げるのではなく、同じ高さの目線で
話しかけるようにしてみてください。


部下を自席に呼び付け、
上司は椅子に座ったままで、
デスクの前に立つ部下に指示を出す。


このようなシーンを
よく見かけますが、
あまり効果的ではありません。


立っている部下は、座っている上司に
下を向いて話しかける事になる為、どうしても
前かがみの姿勢になり、目線が下がります。


この姿勢は「何を言われるのだろう」と
内面のひとり会話を生みやすい姿勢です。


また下を向きながら胸を張る
という姿勢は取れないので、
部下が委縮してしまう事にもなるのです。


そしてそれは、上司から見ると
「この部下は自信がない」と映ってしまうので、
両者にとっても良くないのです。


部下に指示を与える時は、正面ではなく
自分の横に座らせ、お互い少し上を向いたくらいの
目線の高さで話すようにすると、さらに効果的です。


同じ高さの目線でひとつの方向を見る事で、
一緒に頑張っていこうという気持ちにもなり、
部下のやる気も刺激できるからです。


大事な試験や試合を前に、緊張している人には
「身体をコントロール」してあげましょう。


・下を向いていたら上を向かせる


・深呼吸をさせる


・筋肉が引きつっていたら、ほぐす


といったストレス軽減姿勢をとらせる事で、
不安が和らいでくるはずです。
(セクハラには注意!)


過去の成功体験の話をして、
その時の姿勢を再現する。


「試験のあとの楽しい映像」を
何度も描かせてあげれば、
身体も上向きます。


子供の反抗期や、
素直に聞けない人には、
そっと姿勢を変えてあげましょう。


例えば、
パソコンやテレビを
高い所に置く。


そうすると、
いやでも目線が上がります。


目線は、部下との関係、商談、プレゼン、接客などの場で、
人間関係をよりスムースにしたり、自分自身の緊張を
ほぐしたりする為の強力な武器なのです。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

目線を効果的に利用する [ストレスを軽減する]



こんにちは。


ストレス姿勢とストレス軽減姿勢を
見極めていくうちに、私の場合は
嫌いなものを思い出す時は「右側を向き、うつむく」。


好きなものを思い出す時は
「左側を向き、仰向く」
という事に気が付きました。


そこで私は、嫌いなものを思い出す時にも、
左側を向き、うつむかない(仰向く)ように
心掛けました。


すると、嫌いなものが段々と
嫌いではなくなったのです。


苦手な人と話す時も、その人が
左側に来るように立つように変える事で、
苦手意識が薄らいでいきました。


自分のストレスの特徴に気が付いたら、
それを自分の有利なように入れ換える。


これこそが、
ストレス軽減術の基本なのです。


あるホテルマンが、
人前で話すのが苦手で
悩んでいました。


助けてほしいと言うので、普段彼が
どのような話し方をしているのかを、
少しして頂く事にしたのです。


結果は想像通り、彼は話をしている間じゅう、
ずっと目線が下を向いてしまっているのです。


これは、
人前で話すのが苦手な人の持つ、
共通のパターンです。


右下を向くと感情にアクセスし、
左下を向くと内面のひとり会話が始まります。


①「ああ、どうしよう。また失敗しそうだ」
 (ひとり会話)
※落ち着かなくなってくる(感情)


②「ああ、緊張してきたよ。何を話すのか忘れそうだ」
 (ひとり会話)
※不安になってくる(感情)


③「ああ、だめだ。出来ないよ」
 (ひとり会話)
※自信がなくなり、落ち込んでくる(感情)


この悪循環にはまってしまうと、
人はなかなか抜けられなくなるのです。


オバマ大統領の演説中の様子を
見た事がある方は多いかと思います。


彼は演説中、常に目線を
高く保ちながら話している事が
分かるかと思います。


大統領になった際の就任演説。


聴衆は、壇上に上がったオバマ大統領よりも
下にいたにも関わらず、オバマ大統領の目線は
ただの一度も下がりませんでした。


話す時は、目線を上げる。


この練習をするだけでも、
人前で話す事は
ずっとラクになります。


目線はそれほどまでに、
私たちの「感情」「心的状況」に
影響を与えるのです。


そのホテルマンは、部屋の奥の高い所に
目線を持っていく練習をし、1カ月で
堂々と人前で話せるようになりました。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「姿勢」「身体の使い方」を入れ換える [ストレスを軽減する]



こんにちは。


あなたのストレス姿勢とストレス軽減姿勢の特徴が
分かってきたら、第3段階は、「姿勢」や
「身体の使い方」を入れ換える段階です。


例えば、ストレスを
感じている時には、
前かがみになっている。


ストレスを感じていない時は、
背筋が伸びている。


のだとすれば、ストレスを
感じた時には、あえて背筋を
伸ばしてみるようにします。


そうする事で、背筋を伸ばしている状態と
リンクしているポジティブな感情を、
呼び起こすきっかけになるのです。


入れ換えるといっても、肩・姿勢・顔の向き・目線・
緊張度・呼吸・しぐさなど、チェックした項目を
全て入れ換える必要はありません。


明らかに差がはっきりしているポイントを、
入れ換えるだけでも効果はあります。


●第3段階
〈姿勢・身体の使い方を2カ所入れ換える〉


もう1度、第1段階に戻り、
「ストレスを感じる状況」を
思い返してください。


不快感を思い出し、姿勢や身体の使い方が
ストレス姿勢に戻ったら、身体の使い方を
2カ所意識的に変えるようにします。


例えば、


・ストレスを感じた時は、
 前かがみになり、腕を組んでいる


・リラックスしている時は、
 背筋が伸びて、肩が開いている


という特徴がある人は、次のように
姿勢を変えてみれば良いのです。


・前かがみ⇒背筋を伸ばす


・腕を組む⇒腕組みをやめて、肩を開く


不快な気持ちを感じている時に、強制的に
背筋が伸びて、肩が開いている姿勢を
とり続けます。


すると次第に、その姿勢と
リンクした感情へと移りはじめ、
不快な気持ちが薄まってくるはずです。


完全になくなるとまではいかなくても、
ストレスという感覚からは
抜け出せると思います。


人により時間差はあります。


早い人で「1分」遅い人でも「10分」
その姿勢を保持していると、
気持ちに変化が生じてくるでしょう。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

リラックスしている時のあなたの身体チェック [ストレスを軽減する]



こんにちは。


次は、あなたのリラックス姿勢、
すなわち、ストレス軽減姿勢を、
明らかにしていきます。


●第2段階
〈リラックスした時の身体の使い方〉


あなたが以前、楽しんだり、
喜んだりしていた時の状況を
思い返してみてください。


仕事の達成感を感じた時、上司や同僚から
褒められた時、海外旅行をした時、恋が成就した時、
愛犬と散歩をしている時、温泉につかっている時。


気持ちが前向きになった時や、
リラックスしていた時の様子を
頭の中に再現します。


前向きな気持ちが再現できたら、
その姿勢のまま静止します。


その時、あなたの身体は
どのような特徴を示しているかを
書き出してみます。


チェックする項目は、
「第1段階」(前述)と同じです。


ストレス軽減姿勢も個人差はあります。


一般的に楽しい事、嬉しい事、前向きな事を
思い出している時に、多くの人に共通してあらわれる
「顕著な特徴」があります。


・背筋が伸びている


・肩が開いている


・頭が上がっている


・顔や目線が上を向いている


・優しい表情をしている


・深い呼吸をしている


このようになります。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ストレスを感じる時のあなたの身体チェック [ストレスを軽減する]



こんにちは。


先述させて頂きました、
・足を曲げて、前かがみ状態=ストレス姿勢
・背筋を伸ばし、手を振り歩く状態=ストレス軽減姿勢


どなたにでも、ストレス姿勢と
ストレス軽減姿勢があります。


ストレスを感じている時とリラックスしている時では、
それぞれ特徴的な身体の使い方をしているのです。


そこで、
あなたのストレス姿勢を
明らかにしましょう。


●第一段階
〈ストレスを感じた時の身体の使い方〉


あなたがストレスを
感じた時の状況を
思い返してください。


仕事でミスをしてしまった時、
上司に怒られた時、失恋した時、
友人に裏切られた時、悪口を言われた時など。


悲しんだり、落ち込んだり、怒ったり、
不快な思いをした時や、ストレスを感じた時の様子を、
実際に身体で再現してください。


感情と姿勢・身体の使い方はリンクしていますので、
やがてストレスを感じるのにふさわしい身体の使い方が、
ストレス姿勢になってくるはずです。


不愉快な思いに浸り、ストレスを目一杯感じてきたら、
その姿勢のまま静止して、その時のあなたの身体は
どのような特徴を示していますか?


をチェックします。


鏡の前でしても良いですし、
誰かにチェックして頂いても
良いかもしれません。


【チェックする項目】


〈肩〉


肩の開き具合は?
開いていますか?
閉じていますか?


前に落ちていますか?
後ろに反っていますか?


力は抜けていますか?
力が入っていますか?


〈姿勢〉


前かがみになっていますか?
後ろに反っていますか?


脚を組んでいますか?
右と左、どちらを向いていますか?


〈顔の向き〉


上がっていますか?
下がっていますか?
右と左、どちらを向いていますか?


〈目線〉


上を向いていますか?
下を向いていますか?


〈緊張度〉


顔の筋肉はこわばっていますか?
緩んで(微笑んで)いますか?


〈呼吸〉


深く呼吸をしていますか?
浅く呼吸をしていますか?


止まっているような状態ですか?
規則的に呼吸していますか?


〈しぐさ〉


ジェスチャーをしていますか?
していませんか?


ストレスにさらされていると、
顔全体の筋肉が緊張する。


目や口の周りの
筋肉だけが
ピクピクする。


ペンをいじる。


腕組みをする。


いろいろな人がいます。


あなたも、ストレスを感じる状況を
「3パターン」くらいチェックしてみてください。


共通点を探すと、
あなたのストレス姿勢の特徴が
はっきりしてくるはずです。


ストレス姿勢は、人により異なりますが、
それでも多くの人に共通してよく表われる、
顕著な特徴があります。


・身体が縮こまっている


・前かがみになっている


・頭が下がっている


・顔や目線が下を向いている


・筋肉(の一部)が硬直している


・呼吸が浅くなっている


と、このような形で表れています。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

姿勢(身体の使い方)と感情はリンクしている [ストレスを軽減する]



こんにちは。


ある有名アーティストは、ライブを行う際に、
会場の500m手前で車から降り、
歩いて会場へ向かっていました。


車に乗ったまま「足を曲げて、前かがみに座った状態で
会場に着くと、有名アーティストといえども、
緊張感にさいなまれてしまうそうなのです。


しかし、500mだけでも、
「背筋を伸ばして、手を振って歩く」。


そうする事で、ライブ前の緊張感や
ストレスが解け、いつも自分を
「ベストの状態」にもっていけたのです。


そのアーティストにとって
足を曲げて、前かがみに座った状態は
「ストレス姿勢」でした。


反対に背筋を伸ばして、
手を振って歩く状態は、
「ストレス軽減姿勢」といえます。


そのアーティストは、姿勢(身体の動き)を
入れ換える事により、自分の感情を、
ネガティブからポジティブに変換させていたのです。


人はそれぞれ、無意識のうちに
「この姿勢をとると、このような感情になる」
というルールを持っているのです。


このように「姿勢」と「感情」が
リンクしているのです。


ここで一つ実験をしてみます。


・背筋を伸ばし
・目線を上げ
・笑顔を見せながら
・顔を上げて


最近起きた悲しい出来事を
思い浮かべてみてください。


どうでしょうか?


すぐには悲しい気持ちには
なれないかと思います。


なぜなら、事実として
悲しい出来事は
あったかと思います。


ですが、あなたが喜びを感じる姿勢、
背筋を伸ばし、目線を上げて、笑顔を見せる
ストレス軽減姿勢と悲しい気持ちはリンクしていません。


その為に、その姿勢のままでは
悲しい感情が湧いてこないのです。


ところが、そのような事を意識せずに、
普段、普通に悲しい事を考える時。


あなたの姿勢は、
「前かがみになり、うつむき、
表情もかわばっている」はずです。


・前かがみ
・うつむき
・こわばった表情


これは一般的に
「ストレス姿勢」です。


先ほどもお伝えさせて頂きましたが、
姿勢と感情はリンクしています。


・この姿勢を姿勢をとると、
 こういう感情になる。


・この感情の時は、
 こういう姿勢になっている。


という事が、人間の仕組みとして、
そもそもプログラムされているのです。


つまり、感情が変われば姿勢が変わり、
姿勢が変われば感情が変わるように
出来ているのです。


したがって、
悲しみや苦しみを感じそうな時。


喜びや嬉しさを感じる姿勢を
取り入れる事が出来れば、
ストレスを軽減できるのです。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お金との関係を改善する [ストレスを軽減する]



こんにちは。


アメリカに住む友人に招かれ、
遊びに行った時の事でした。


その彼女の部屋の壁に、大きく
「$1,000,000」と書かれた紙が
貼ってあるのを見て、私は驚きました。


「5年以内に貯めたい金額」
なのだそうです。


驚く私を見て、
彼女は尋ねました。


「あなたは大金持ちになりたい?」と。


あまりにストレートなその質問に当惑して、
その時私は「大金持ちでなくても良い」と
答えたのをよく覚えています。


当時の私はお金持ちに対して、
どこか暗いイメージを
持っていたのでしょう。


頭の中で「お金の事を話すなんて、はしたない」
という声が聞こえ、さらに「お金持ちだけが
全てではない」という言葉が聞こえていたのです。


煮え切らない返事をした私に、
彼女は言いました。


「それじゃ、大金持ちを見て
どう思う?家にプールがある人は、
みんな良くない人なの?」


私たちは倫理的に「お金が全てではない」
「人前でお金の話は、はしたない」
と思いがちです。


もしも小学生が、大きくなったら何になりたいかと
聞かれて「大金持ち」と作文に書いたら、
先生は眉をひそめるかもしれません。


世界には、
「お金儲けの話をする人は卑しい」
とする文化が沢山あります。


キリスト教の教えが強いイタリアでは、
日本よりもその傾向が強いかもしれません。


ですがよく考えると、
この考えも実は
歪められています。


「お金を儲ける事」と「卑しい事」は、
本来直結しないはずだからです。


彼女はお金を、
とてもポジティブな感情に
繋げていました。


彼女は「大金を手に入れ、自分の
NGOにつぎ込みたい」という
限りない夢を持っていたのです。


お金は悪いものではない。


お金が沢山あれば、
多くの人を助ける事が出来る。


彼女の話を聞き、
私の感情も少しずつ
変わっていきました。


確かに、ビル・ゲイツが
慈善事業に力を入れられるのも、
莫大なお金を持っているからです。


その後私は「お金=卑しい」から
「お金=夢を叶える素晴らしいもの」と、
「言葉」を入れ換えたのです。


彼女に会う前の私のように、お金を
「卑しいもの」と思っている人は、
「お金を手に入れる事」に消極的です。


「なりたくない姿(卑しい姿)」から無意識に
逃れようと暗い映像を持ってしまうので、お金を
手にするチャンスを逃してしまう事さえあります。


「給与交渉や報酬を求める」というごく当たり前の
事でも、それが良くない事のように思えて、なかなか
行動に移せない人も多いのではないでしょうか。


何気なく私たちが毎日使っている
言葉の威力は大変なものです。


どの言葉を選ぶかにより、
何に焦点を持っていくのかが変わります。


それにより、私たちの
感情まで変えてしまう
凄い力を言葉は持っています。


例えば、イタリア人男性は、
どのような女性と出会っても、
反射的に、なんて綺麗な人だと言います。


このセリフはすっかり習慣になっており、
条件反射的に口に出してしまうのだそうです。


さすがイタリア男です。


ですがそのおかげで、
それほどでもない人と
出会った時。


そう言ってしまった以上は、
とにかく何か美しい所を探す事が
習慣になったと言うのです。


いくつになっても、女性を口説く事にかけては、
定評のあるイタリア人男性が、なぜ次から次へと
女性を褒めるのか。


その秘密は、
このようなところにありそうです。


また、いくつになってもイタリア女性が
自分を磨き、おしゃれするのは、そのような
男性がいるからではないかと私は思います。


あなたが無意識に使っている
ストレスを生む言葉遣いを
見つけ出しましょう。


そして、それらを
ストレスを生まない言葉に
入れ換えるのです。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康