So-net無料ブログ作成
検索選択

ストレスを感じる時のあなたの身体チェック [ストレスを軽減する]



こんにちは。


先述させて頂きました、
・足を曲げて、前かがみ状態=ストレス姿勢
・背筋を伸ばし、手を振り歩く状態=ストレス軽減姿勢


どなたにでも、ストレス姿勢と
ストレス軽減姿勢があります。


ストレスを感じている時とリラックスしている時では、
それぞれ特徴的な身体の使い方をしているのです。


そこで、
あなたのストレス姿勢を
明らかにしましょう。


●第一段階
〈ストレスを感じた時の身体の使い方〉


あなたがストレスを
感じた時の状況を
思い返してください。


仕事でミスをしてしまった時、
上司に怒られた時、失恋した時、
友人に裏切られた時、悪口を言われた時など。


悲しんだり、落ち込んだり、怒ったり、
不快な思いをした時や、ストレスを感じた時の様子を、
実際に身体で再現してください。


感情と姿勢・身体の使い方はリンクしていますので、
やがてストレスを感じるのにふさわしい身体の使い方が、
ストレス姿勢になってくるはずです。


不愉快な思いに浸り、ストレスを目一杯感じてきたら、
その姿勢のまま静止して、その時のあなたの身体は
どのような特徴を示していますか?


チェックします。


鏡の前でしても良いですし、
誰かにチェックして頂いても
良いかもしれません。


【チェックする項目】


〈肩〉


肩の開き具合は?
開いていますか?
閉じていますか?


前に落ちていますか?
後ろに反っていますか?


力は抜けていますか?
力が入っていますか?


〈姿勢〉


前かがみになっていますか?
後ろに反っていますか?


脚を組んでいますか?
右と左、どちらを向いていますか?


〈顔の向き〉


上がっていますか?
下がっていますか?
右と左、どちらを向いていますか?


〈目線〉


上を向いていますか?
下を向いていますか?


〈緊張度〉


顔の筋肉はこわばっていますか?
緩んで(微笑んで)いますか?


〈呼吸〉


深く呼吸をしていますか?
浅く呼吸をしていますか?


止まっているような状態ですか?
規則的に呼吸していますか?


〈しぐさ〉


ジェスチャーをしていますか?
していませんか?


ストレスにさらされていると、
顔全体の筋肉が緊張する。


目や口の周りの
筋肉だけが
ピクピクする。


ペンをいじる。


腕組みをする。


いろいろな人がいます。


あなたも、ストレスを感じる状況を
「3パターン」くらいチェックしてみてください。


共通点を探すと、
あなたのストレス姿勢の特徴が
はっきりしてくるはずです。


ストレス姿勢は、人により異なりますが、
それでも多くの人に共通してよく表われる、
顕著な特徴があります。


・身体が縮こまっている


・前かがみになっている


・頭が下がっている


・顔や目線が下を向いている


・筋肉(の一部)が硬直している


・呼吸が浅くなっている


と、このような形で表れています。


最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。


スポンサードリンク



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。